介護職の方へ

在宅介護―料理編

ヘルパーさんの仕事は奥が深い!

先日、テレビで林修先生が「『奥が深い』という表現はあまりふさわしくない、使わない方が良い言葉」と話していました。
では、ヘルパーさんの場合はなんて表現すればいいの?と考えてみました。
そこで考え付いたのは「ヘルパーさんの仕事は豊富な知識が必要です」という表現です。

少し前のお話ですが、在宅のある方の担当スタッフが急にお休みすることになり、私が行かせてもらうことになりました。

私、現場が大好きです。お客様と直接お話しができます。
お客様のニーズが見えるし、現場の大変さも見えてくるからです。

知識はお役立ちのため

その日はご主人が社長さんだった方のお家でした。
食事作りとお掃除です。
「中川さん、お味噌汁を作って!」と言われました。
立派なお家の方なので、もしかして?と思い、
「もしかして、おだしはコレですか?」
とかつお節を削る仕草を見せると
「そうよ」
と言われたので
「やっぱり!!」
と私が言うとお客様はにっこり笑ってくださいました。

母も使っていた頃があって、懐かしく思いました。
やはり、削っている時から良い香りがしてきて「あ~いい匂い!」と久しぶりに嗅いだかつお節の香りは最高でした。
その後、味見をして頂くと「とっても美味しいわよ!」とにっこり微笑みながら褒めて下さいました。
なんだかその瞬間、心が通じ合ったような感じがしました。

お買い物も「おつけもの」と言われても“たくあん”なのか“きゅうり”なのかたくあんも色々・・・
情報もいっぱい持っていないと買いに行く前に確認できます。
せっかく買い物をしてきても「これじゃなかったのに・・・」
とお役に立てないことがあるかもしれませんね。

だから、在宅ヘルパーさんは豊富な知識が必要なんです!